本文へスキップ

TOYO TOWN TRAVEL AND TOURISM ASSOCIATION

こけら寿司FOOD

こけら寿司

 先日、野根キッチンさんにご協力いただき、こけら寿司の取材に行ってきました。

 こけら寿司とは?
 こけら寿司は、柚子酢の香りと風味いっぱいの押し寿司です。昔は、お米のとれる量が少なく、お米が貴重品で、祝い事には必ず出てくるご馳走だったそうです。今でも皿鉢料理などに使われ、こけら寿司の香りと風味は、まさに「ふるさとの味」です。
 では、簡単にですが、こけら寿司の作り方を紹介したいと思います。

1.材料は、できるだけ東洋町で採れたものを使用します。東洋町産のお米に、柚子酢、鯖を合わせて酢飯を作ります。こけら寿司の上にのせる食材は、人参、錦糸卵、椎茸、人参の葉といった彩り鮮やかなものを使用します。作り手によって、お寿司に入れる食材は色々変わるそうです。

2.木の枠に酢飯を敷き、その上に色とりどりの食材を並べていきます。寿司の間に板を敷き、5段重ねにし、上から重しを乗せます。1段でおよそ10人前になるそうです。
3.1時間ほど重しを乗せたあと、木の枠を取り外します。5段重ねのこけら寿司からは、柚子のいい香りが立ち込めます。
4.あとは、食べやすい大きさに切って出来上がりです。
東洋町の野根キッチンでは、毎週土曜日の「野根の朝市」にてこけら寿司や巻き寿司、ちらし寿司など、色々なお寿司を販売しています。東洋町にお立ち寄りの際は是非ご賞味ください。

野根キッチンHP 
 http://sea.ap.teacup.com/8013/
野根の朝市(国道55号線沿い)
 毎週土曜日 7:30〜12:00

inserted by FC2 system