本文へスキップ

TOYO TOWN TRAVEL AND TOURISM ASSOCIATION

季節ごとの祭りfestival 2012

春の祭り

4月上旬 清流野根川さくら祭り【野根】

会場となる野根川河川敷にて、野根・甲浦・海部民踊りや室戸勇魚太鼓の演奏、餅投げ、バンド演奏がさくらの華やかさに色を添えます。穏やかな野根川を眺めながらのお花見を楽しんでください。
2012年は、東洋町出身の歌手・円広志さんらによる演奏と歌声が来場客を魅了しました。
【第20回野根川さくら祭りの模様】

5月3日 白浜五社神社祭り【甲浦】

白浜五社神社の春祭りは、朝早くから町中を練り歩いた御輿(みこし)が、夜には提灯台と荒波のようにぶつかりあう豪快な祭りです。御輿と飾り提灯に彩られただんじりが祭りを盛り上げます。見物客からも歓声がわきあがるほど迫力満点です。この祭りが終わると、季節は夏への準備をはじめます。
【白浜五社神社祭の模様】

夏の祭り

7月最終土曜日 東洋町納涼祭(納涼花火大会)【甲浦】

 夏の風物詩といえばやっぱり納涼祭。白浜の海水浴場は、この日だけお祭りの会場に早変わりします。ゲーム大会や歌謡ショー、鳴子踊りで盛り上がったあとは、打ち上げ花火で締めくくります。

8月12日 野根地区納涼祭(納涼花火大会)【野根】

 野根川の桜並木周辺では野根地区の納涼祭が開催されます。保育園児や婦人部の奥さんたちが鳴子踊りを披露、ゲーム大会や歌謡ショーが開催されます。周辺がしだいに闇につつまれると、美しい花火が打ち上げられます。

秋の祭り

旧暦8月14日 甲浦八幡宮祭り(ひよこち踊り)【甲浦】

「ひよこち踊り」は旧暦8月14日、3年に1度行われ、県の無形文化財にも指定されています。袴姿の子供たちが小太刀を持って舞い、演目には「花取り」や「扇踊り」など竹棒や扇子を使った踊りもみられます。踊りは甲浦八幡宮の他、河内金比羅宮・白浜五社神社前前通りでも見ることができます。
【甲浦八幡宮祭について】

10月 甲浦熊野神社祭り・トントコ祭り(甲浦小唄)【甲浦】

甲浦熊野神社は紀州那智の熊野権現十二社のうち、一社が飛来してきたものだと言われ、「神が来た浦」からカンノウラとなったという説があります。
この秋祭りは、神を乗せた御輿が御座船に乗って沖合いの島に渡り、神酒を汲み、大漁旗をなびかせて港へ帰ってくるという海のまちにふさわしい由緒ある祭りの一つです。

旧暦9月17日 名留川春日祭り(流鏑馬)【野根】

春日神社は野根川沿いの名留川地区にあり、樹齢1,000年をいわれる大きな杉の木の立つ由緒ある社です。毎年旧暦9月17日に流鏑馬が行われています。
昔ながらのしきたりや儀式が今に続く祭りの一つです。地元の人もたくさん集まる伝統あるお祭りです。
【流鏑馬について】

10月第1日曜日 野根八幡宮祭り(流鏑馬)【野根】

野根八幡宮と春日神社では、毎年秋に馬の乗って的を射る流鏑馬(やぶさめ)という伝統の祭りがおこなわれています。
野根八幡宮の流鏑馬は五穀豊穣を感謝する秋祭りです。この野根八幡宮の流鏑馬は一時途絶えていましたが、平成3年に復活しました。祭りの文化を子供たちに使えるとともに、山や海に感謝する気持ちも伝えたいと地区総出で準備を行います。
【流鏑馬について】

旧暦9月9日 野根磯部神社祭り(奉納相撲)【野根】

野根の町中にひっそりとたたずむ磯辺神社のお祭りでは、元気な子供たちによる奉納相撲が行われます。

11月3日 東洋町文化祭【甲浦】

趣味の作品展や、よさこい、ひよこち踊り、フラダンス、民踊、大正琴、詩吟、カラオケ大会などの演芸大会が行われます。

冬の祭り

12月 東洋町産業祭(しらはま青空マーケット)【甲浦】

 東洋町白浜海岸にて、ステージイベントやもち投げ、東洋町ならではの地場産品、鮮魚や干物、野菜などの農水産物を扱うお店がずらりと並びます。

1月15日 左義長(さぎちょう) 【甲浦】

 左義長は、古くからの行事で一種のどんと焼きです。約15〜20mの竹の先に色とりどりの短冊を飾り付けた「山」が築かれ、しめ縄などの正月飾りを入れて早朝から焼かれます。
inserted by FC2 system